林檎飴片手に泣いてた...月読み葬の闇へ
「ねえママは何処にいるの?」
見目形 目に焼き付けて抱き締め

虫が鳴き騒めく八月の祇園坂と扇子屋
小さなこの子が望む微笑んだ五月は来ない

紙風船を空へ高くそこには涙が溢れて
紅い飴玉想い出がほら一緒に溶けて無くなる

目を覚ます 小さな泣き声が響く午前四時頃
大好きな絵本を読み寝かし付け暗闇の中
さよなら

紙風船を空へ高くそこには涙が溢れて
紅い飴玉想い出がほら一緒に溶けて無くなる
後何年で涙は終わる?
日が枯れ落ちた葬の底は真実と...

そよとの風も無い真昼の十三時
彼女は無口に今も畳の下

   かすみへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴