雨上がりの空を 包み込んだ
優しい陽の光 溢れてゆく

何気なく 窓から見ている景色
何処までも 続いている街の中に
あの日の君を思う

忘れないよ 肩寄せて 眺めてた あの虹を
雨のち晴れ こんな日は もう一度
逢いたくなってるから

雨が止んだ隙に 傘を持って
君を迎えに行く 濡れた駅路

過ぎ去った 季節を歩く二人は
瞳を閉じて 浮かべた記憶の中で
いつまでも色褪せない

流れ落ちる 涙は 思い出の証だね
でも心は いつの日か 晴れるから

さよならなんて 言わずに 顔を上げ 空を見て
雨のち晴れ こんな日は もう一度
逢いたくなってるから


SunSet Swishの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴