白い月の夜には
窓は開けたままで
遠く雨音響く部屋、僕だけの世界

無力な呼吸、横たわる体を動かす事も
躊躇う僕を笑ってよ
何もないよ今は

もう少し眠らせて
夢を見ていたい

降り止まぬ雨の音で
君に伝えたい言葉も
掻き消されてしまう全てが消えるよ
この雨が雪になって
この街を染め上げたなら
また歩き出せる気がしたよ

ただまだ見ぬ春を想うよ

白い月の夜には
思い出が零れて
足下散らばる面影、拾い集めては

この声も体も
君を愛す事で保たれていたのだと知る
今は遅すぎて

降り止まぬ雨の音で
君に伝えたい言葉も
掻き消されてしまう全てが消えるよ
この雨が雪になって
この街を染め上げたなら
また歩き出せる気がしたよ

だから
今夜君に会いたくて
震える体を走らせた
伝えたい言葉が雪と舞い散るよ
今夜君に会いに行くよ
例え戻れないとしても
今夜君に会いに行くよ

君はこの世界の全て

   Whitenessへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴