沢田研二/新しい想い出2001

あの日は雨

沢田研二


word: 覚和歌子 music: 下山淳

『新しい想い出2001』収録

           

空の椅子に 話かける君は
あきらめたように 笑う癖おぼえた

すぐに変わる 人も街景色も
流行り歌のよに 僕だけを置いて

同じ毛布に潜り込んだままで
陽が移りゆくのを一日眺めてた
いとおしい日々

ごめんよ さよならさえ告げないで
約束誓ったのに ずっと一緒だと

朝から あの日は雨 雨だった
ひとりで僕は逝った 煙ったHighway

写真嫌いの恋人じゃなかったら
せめて少しマシな笑顔残せたのに
君のために

後悔なしになんか 生きられない
どんなに抱きしめても 足りないはずだから

悲しむ君に 何もできないまま
愛してる叫んだって もう遅すぎるけど

潮騒 揺れる光 横切る風
すべてに僕はいるよ 空耳じゃない

終わりのない旅 また始めるまで
いつでも僕はいるよ 気づいてほしいけど


沢田研二の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧