沢田研二/第六感

いとしいひとがいる

沢田研二


word: 覚和歌子 music: 芹澤廣明

『第六感』収録

           

癒せぬ痛みで背を向けた あの日もこんな雨さ
二年振り出会った笑顔に 応える僕がいる

切なさで できた恋は きっと あなたが最初で最後
尖った三日月 ふたつで きらめいていたね
だけど過ぎた時間(とき)
それは胸にしまえる静けさになって
思い出よりも いとしいひとがいる 今は

見慣れぬルージュのくちびるが 鮮やかすぎるみたい
流れる季節は 世界ごと 僕を変えていった

恋した頃には まるでぴかぴかしてた言葉や仕草
離れた距離だけ 光を失うと 知るよ
そうさ過ぎた時間(とき)
語る 懐かしさならもういらないさ
思い出よりも いとしいひとがいる 今は

あなたの笑顔に 二度と動かぬ心で確かめてる
心はいつでもひとつの恋だけで 足りる
そして胸の中灯る 明かり見つめて僕はつぶやく
思い出よりも いとしいひとがいる 今は


沢田研二の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴