沢田研二/耒タルベキ素敵

孤高のピアニスト

沢田研二


word: 沢田研二 music: 宮川泰

『耒タルベキ素敵』収録

           

くもりないプレイは 心を映し出すよ
君はとても尊すぎて 跪くより他にない

洗われる罪さえ すべての許し乞うよ
君はいつも眩しすぎて 真っ直ぐ見つめられないよ

神業指先 拒絶も寛容も 目新しさ哀愁さえも
操りながら 優しく僕も泣かせておくれよ

孤高のピアニスト君は 自惚れや羨望や劣等感
弱さそれは力だってこと 知らしめたよね求めてた灯り

寄り添ってメロディー 重なり上り詰める
僕はかなり夢見心地 とけてなくなってしまうよ

ため息足技 みやびもふしだらも 古めかしさ歓びさえも
さらりと捉え 微かに君は微笑みかけてる

孤高のピアニスト君は 緊張や戸惑いや優越感
弱さそれは救いだってこと 教えてくれた何よりの光


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴