LIPHLICH/STUMP+

マディソン郡の橋の上で

LIPHLICH


word: 久我新悟 music: 久我新悟

『STUMP+』収録

  • マディソン郡の橋の上で/LIPHLICH/STUMP+が良い
  • 0
  • マディソン郡の橋の上で/LIPHLICH/STUMP+が悪い
  • 0
  • 言葉をなくした二人は明日にでも部屋を出る
    たとえ僅かな時でも もう二度と戻れない

    枯れ葉で染まった椅子に深く腰掛けて 見上げてた街灯が映す遠い日々

    融けゆく冬は必ず来て またすぐに散りゆく春も来るよ

    真意をなくした言葉が形をすり替えて 季節と共に僕と共に風になり鳥になり
    散った跡からセピアの空へ 音すら立てず飛んでゆくよ 想いは部屋に置いてきた もう一度逢えるから

    君に意味をなさない言葉よりも愛を教えよう 空に描くマディソン群の橋の上の花束
    もうじき長い夜は終わるから だから一人で過ごす術はもう忘れて 春だって散りゆく中で僕らきっと永遠さ

    言葉をなくした二人は明日にでも部屋を出る
    たとえ僅かな時でも もう二度と忘れない

     ROCK LYRICをフォローする!

    フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

    歌詞リンクURL  ⇒

    ※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

       STUMP+へのコメント

    まだコメントはありません
      歌詞閲覧履歴
       

      関連動画一覧