GRAPEVINE/Empty song

吹曝しのシェヴィ

GRAPEVINE


word: 田中和将 music: GRAPEVINE

『Empty song』収録

           

時が過ぎ変わるものあれば
そのままでそこにあるものは何だ
そう俺はまた立ち停まり振り返る

街角に口開けたサブウェイ
どこからか聴き取れた16号県道
通り過ぎてくホワイトのチャレンジャー

止まった時間が
終わったことにしたのか
しないのか
本当はどうだったんだろう

あの日は過ぎ変わるものあれば
脇腹の奥からの痛みは何だ
そう俺は振返ることもなく
無言で立ち去った

When I'm walking down the street,
Anyway,
置去りの吹曝しのシェヴィ
街角の天使たちよ俺を導いてくれよ

涙乾いた
こうなったなら戻せやしないが
止まった時間がまだ
終わったことにしないのさ
しないのさ
本当は
本当は


GRAPEVINEの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴