群青に切りかわる 夕暮れの最後を見たら
まどろむバスは夜を駆けて
さよなら 声にならない 感情のしずかな置き場へ
吸い込まれていく

屋根裏 窓辺で いつかのムーンリバー
泣き虫ギターは あの子のこころだ

こぼれ落ちたら 拾いにいくよ
海になったら 船を出そう

さすらえば地平線 ここはどこでもない遥か
見慣れた景色の裏側で

走り出すファンタジア 戸惑う置き去りのアパシー
すれ違うメロディー

孤独な夜には抜け出せない迷路
逆さまになったら あの子と同じだ

繋がるから信じる明日も
流れていく 月が見ていた

物語は続くみたい

曖昧な言い方で優しさも隠すのなら
見つけられるまで泳ぐ 何度でも

ありがとう 声にしたら少し軽くなるこころが
今もまだ君を抱きしめてる
彷徨う魚たちよ こんなに青く広い海で
祈りは明りを灯すかな


ザ・なつやすみバンドの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴