見渡す山の上から 無数の家
いつでも気づけるようにわたしはここに住む

例えば、いつかいなくなってから気づく
やさしさも声もこの家にしみついたまま
古い窓を開け放ったなら見える
こどもだった頃と変わらない景色にはうたがあって

なんで今頃きこえてくるんだろう?

はるかな記憶の中で呼んでいる
あなたの声は今もあざやか

青い闇にのまれそうになるときは
ひとつずつ灯り数えたら いのちに触れるみたい
あなたはいつも笑ってばかりいたから
かなしみに気づけなかった 今なら少しわかるのに

なんですぐに忘れてしまうんだろう?

空が泣いてる あなたのかなしみを
洗い流して鳥たちが歌うように

涙は風が連れ去った場所で
花を咲かせて 誰かの家になる

見上げた空の上には 無数の星
いつでも気づけるようにわたしはここに住む


ザ・なつやすみバンドの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴