青かった時は終わり 牙をなくした狼 欲しがる喉は焼けつき 心だけがびしょ濡れ

燃え尽きるような時間 さらわれた跡に
残る灰のオアシス 身勝手に舐める

陽気なさえずり止めて 退屈を歌う小鳥 素敵な色した羽が 刃物なことを知らず

幽閉された時間 二人で分かつ鍵
取り繕った平和 壊してしまおう

本能的に踊りたいから 尽きるまで触ってもっと求めて
全てを見せ合い開けたあとで
二人の事件を確かめ合おう ダーリン

不埒だった時は過ぎて 暇な幸福に慣れる 矛盾した欲抱えて どこかでおかしくなる

数え切れない夜を 懐かしむ恋の歌
聴いたあとで暴こう 赤裸々な未来

本能的に愛したいから 尽きるまで喰らってもっと与えて
全てを見せ合い開けたあとで 夢の続きを転がっていこう

そして素顔のままで抱き合っていよう 二人の事件がまた始まる
その目は少しだけ開けていて
夢の続きを転がっていこう ダーリン

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   発明へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント