翼を広げて空を駆け抜ける
荒れ狂う嵐の中、君の声が聞こえる方角へ

たどり着けたその時は
小さな手、強く握りしめ
二度と離さないと誓おう

救われるためだけに
誰かを傷付けては
苦し紛れに綴る
声にならない言葉

側にいることさえも
当たり前と思った
君が消えたあの朝に
頬を濡らした涙

失われた時の中で
繋ぎ合わせた思い出は
残酷なほど眩しくて
目を伏せた

震えが止まらないほどの
孤独の夜、乗り越えたら
きっとまた会えると
願いを込めて

翼を広げて空を駆け抜ける
荒れ狂う嵐の中、君の声が聞こえる方角へ

たどり着けたその時は
小さな手、強く握りしめ
二度と離さないと誓おう
正義だと思い込んでいた
偽りだらけの感情は
優しい温もりの中で
溶けていく

逃げ隠れしてしまうほどの
悲劇の朝、受け入れたら
きっとまた会えると
願いを込めて

空に祈りを捧げるだけでは
大切な人、守れはしない
己の両手を汚したとしても
目の前の闇を切り裂く

翼を広げて君と夢を見る
壊れた世界の中
そっと結び合った解けぬ絆

音を立てて崩れていく
誰かが信じた希望の
欠片をまた拾い集めて

奪われていた
かけがえのない日々を
今、取り戻そう

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   IN THE STORMへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧