欠落…欠落…欠落
朽ちてゆく集落…贊美
快楽…快楽…快楽
剥がれ落ちてゆく煩脳

欠落…欠落…欠落
ガタゴリゴリ刻む快楽
快楽…快楽…快楽
喉から君自身が剥離

手を合わせ呟く言葉に今の悲歎を押し付け続ける
天使に願うは甘き口付け 終焉の時は近い
届く事のない光の中に灰を降らせ続けるのならば
君達の声は僕が全て聞き届けよう。
降り注ぐ現実に目を背ける余裕のある人マよ
何も出来ずにもがき苦しむしかできない民の声を聞け
助けを請う幼き少女の悲痛の叫びがこの世の中に
真実を告げる事を

そこにある絶望へ
何を望むのか?
望みを持たぬなら
何を呼ぶ?

ここにある絶望へ
僕を望むのか?
望みを持たぬまま
何を思う?

そこにある絶望へ
何を望まぬなら
絶えるものもなくて
何を知る?

ここにある絶望へ
何も望みはない
神は黒い雨を降らし踊る

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   KILLING MEへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧