BugLug/新人生

BugLug


word: 一聖 music: 一聖

『新人生』収録

  
        

生きているはずが 死んだ様な瞳
火葬へと舞う 微睡みで
目が覚めた直後 それでも何故だか断末魔を感じた

見失いかけた 生き甲斐だけれど
願いはまだ身体に?
想いを募らせ何度も叫んだ
自身は行方不明

だけど抱いた夢仄かな私の夢
覚束ずに溢れ出す涙が
泣いた現実数え切れず
誰にも会えない独りきりの夜

息衝いた私だけれどまだまだ 陽の光は眩く
あたたかさが今届いたからこそ 私の声も誰かに届け

みんなと歩んでいた事をあの日何故か失いかけていた
風前の灯火でも…離れない?みんなに聞きたい

今も抱いた夢仄かな私の夢
二度と消える事の無い希望でも
泣いた現実数え切れず
会いたい、気持ちも抑えられない

抱いた夢私の大事な夢
叶えるべき 捨て去りは出来ない
「命、在る限り…一笑懸命」
今でも言えるのは何故ならば

BugLugの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴