己龍/朱花艶閃

涙唄

己龍


word: 酒井参輝 music: 酒井参輝

『朱花艶閃』収録

  
        

重ね重ね色付く浮世の中 漆黒の拒絶に酔う僕は
君の影を追い掛け…己が影に飲まれて…

重ね重ね色付く浮世の中 漆黒の拒絶に酔う僕は
明日を遠ざける様に 逆巻く迷子の迷子

ゆらゆら揺らめく薄紅が 二人を分かつ風となり
藻掻き足掻き手にしたモノは 思い出ひとひら…

声がする…声がする…
君を見失った僕の胸に刺さる
ソレは優しい「涙唄」

「行かないで」
「ずっと傍に居て」
「独りに なるのは嫌だ」

虚しく卯月の空に舞う 言の葉…蒼天に散る

ゆらゆら揺らめく白銀が 僕を縛る枷となり
藻掻き足掻き手にしたモノは 薄紅の刻

声がする…声がする…
君を見失った僕の胸に刺さる
ソレはやさしい「涙唄」

己龍の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴
   
  関連動画一覧