2018-10-05

umbrella、地元大阪でメンバープロデュースワンマン初日開催

台風が近づく中、小雨が降っていた10月4日(木)。
定刻前には雨は止んでいたが、ここ北堀江club vijonでは、umbrellaのメンバープロデュースワンマンが開催されようとしていた。
メンバープロデュースワンマン初日となる本日は、Ba.春のプロデュース。
一体どんな雨を降らせてくれるのかと、期待を膨らませ開演を待つオーディエンスに、ミラーボールとムーディなBGMがはやる気持ちを抑えてくれていた。

暗転し、幕にumbrellaという文字が浮かび上がる。
あれ?いつもとは違う??
SEすらもプロデュースしているのか、いつもと違うSEで登場するメンバーにオーディエンスは拍手で迎え、まずは春からの挨拶が。
少し話した後、『宜しくお願いします!』と伝えると「軽薄ナヒト」へ。
どことなく硬く感じるメンバーに、オーディエンスも緊張気味なのだろうか…
続く「ワスレナグサ」は胸をグッと締め付ける聴かせるナンバー。
そこに縛り付けられた様に聴き入るオーディエンス達へ次に届けられたのは「ハイキ」。
暴れるだけがライブではない、と言わんばかりに立て続けに聴かせる3曲を披露した後に間髪入れずに「シェルター」へ!

待ってましたと言わんばかりにオーディエンスの腕が上がる!!
Vo.唯が煽り、5曲目の「掌ドロップ」を披露する頃にはお馴染みのumbrellaの世界になっていた。
最初の緊張感はここまで計算されたものだった様だ…策士・春に一本取られた様である。
印象的な歌詞と共に届けられた「造花」へと続き、『ありがとう』と唯。
雨雲から陽が射すような楽曲「Frontier」で遂に髪を振り乱すオーディエンス!!
『こいよ!』と煽る唯、満面の笑みでギターソロを弾く柊、負けじと髪を振り乱す春、軽やかにリズムを刻み込む将に会場のボルテージが段々と上がっていくのがヒシヒシと伝わってきた。
と、そんな中披露された名曲「五月雨」。
ここまで8曲連続で披露しているのだが、予測不可能な構成で披露され続ける楽曲達は、さながらここ最近の天気の様である。

続く「hollow」、「anima」、「流星群」とロックバンド然とした楽曲で攻めたて、オーディエンスは息を飲むばかりである。
本日の「管」ではumbrellaの良さがより際立って見え、個々の音が一つの塊となりオーディエンスの胸へと響いていた。
「造形アリス」、「WALK」と続き、ふと思い出した。

今日のプロデュースワンマンではumbrellaの中でもVo.唯がギターを持つ曲のみ披露するとの発表であった。
続く「イト。」は2014年に発売された2nd Single 『Knocking...』の3曲目に収録されていた楽曲であり、続く「東へ」もまた2014年に発売されたオムニバスCD、『DEAD WEST VOL.1~西日本V BATTLE!~』に収録の楽曲である。

中々聴けない楽曲を披露してくれる貴重な1日に立ち会っているかもしれない…と考えていると「夕立」へ。
こちらは最新アルバム『ダーウィン』の最後を飾る楽曲であり、自身最大キャパである梅田TRADワンマンにて初披露されたumbrellaにとって大切な楽曲でもある。
メンバー達を暖かく包み込む照明も相まって、心地よい夕立の後には「Door」では、『行こうぜー!』と叫ぶ唯に呼応して、手を振るオーディエンス。

「叩けば誇り。」、「ヤマアラシの涙」と続き、「僕達が描いたパノラマ」へ。
終わりにはニコッと笑い、口元でありがとうと言った唯。
そして、「ヨルノカーテン」ではオーディエンスのタオルが舞う。
最後にもう一度『ありがとうございました。』と伝えた唯。
全22曲をMCなしで駆け抜けたumbrella…と思いきや、まさかのここでMCへ!!
各メンバーからの本日の感想などを伝え、演奏とは打って変わってゆる〜い感じのトークもらしさ全開である。

本日のプロデューサーである春より『今日地球が無くなるなら、最後に演奏したいのはこの曲です。』と伝えられ、演奏された「月」へ。
こちらもまたumbrellaを代表する名曲の一つである。
大きな拍手で締めくくられた「月」からまさかの選曲で流れたエンドSEを堪能しながら、オーディエンスは笑顔でメンバーを見送っていた。

あっという間の全23曲を披露し、最新のものから過去の楽曲まで、過去も現在も、そして未来も良質な楽曲を作るumbrellaだからこそ、ブレる事なく多くのオーディエンスに届け続けられるのであろう。

しかしながら、現在では入手困難な音源からの選曲もあった今日のセットリスト。
ぜひ、どうにか入手出来る様umbrellaには検討して頂きたいとオーディエンス代表として書かせて頂こう(笑)
まだまだumbrellaの楽曲が届く先は沢山あるのだから。

PHOTO:海苔
TEXT:森孟司

------------------------------------------
umbrella Member Produce OneMan 【Case春 「持」】セットリスト
1.軽薄ナヒト
2.ワスレナグサ
3.ハイキ
4.「シェルター」
5.掌ドロップ
6.造花
7.Frontier
8.五月雨
9.hollow
10.anima
11.流星群
12.「管」
13.造型アリス
14.WALK
15.イト。
16.東へ
17.夕立
18.Door
19.叩けば誇り。
20.ヤマアラシの涙
21.僕達が描いたパノラマ
22.ヨルノカーテン
23.「月」

------------------------------------------
<LIVE情報> 
【umbrella Member Produce OneMan】
■【Case柊 「CONTACT US ASAP!!」】
10月25日(木) SHIBUYA REX  開場18:00 開演19:00
【ライヴ内容】
・上手ギター始まりの曲のみのセットリストとなります
・当日限定 柊専用お立ち台あり
【チケット料金】 前売:¥2400 当日:¥2900 (ドリンク代別途)
【限定物販】 柊 デモ音源
【チケット情報】バンド予約 umbrella.information@gmail.comにて受付中
 ※お一人様4枚まで。バンド予約者にメルマガ配信
【入場順】バンド予約→当日券

■【Case将 「噛めば噛むほど味がある」】
11月25日(日)寺田町Fireloop 開場17:00 開演17:30 終演予定時間 19:30
【ライヴ内容】通常のバンド演奏+アコースティック演奏の2部構成ワンマン
【来場者特典】イベントライヴドラムカメラDVD(25分or30分ステージ)
【チケット料金】 前売り:¥2910 当日:¥4030 (ドリンク代別途)
【限定物販】 将デモ音源
【チケット情報】 
 A:イープラス https://goo.gl/7BNWfe   ※発売中
 B:バンド予約 umbrella.information@gmail.com 
【入場順】 A→B→当日券

■【Case唯 「自論」】
12月23日(日・祝)池袋手刀 開場17:00 開演17:30
【ライヴ内容】唯の作曲した楽曲のセルフカヴァー、録画可能タイム有り
【チケット料金】前売り ¥3.000 当日:¥3.500 (ドリンク代別途)
【限定物販】唯 デモ音源(タイトル未定)収録曲数未定
【チケット情報】
 A:オリジナル手売りチケット 物販で発売中
 B:イープラス https://goo.gl/Juj9Ck   ※発売中
 C:バンド予約 umbrella.information@gmail.comにて受付中 
【入場順】A→B→C→当日券

■危険因子〜東京アウトブレイク〜
1月24日(木) EDGE Ikebukuro 開場18:00 開演18:30
【出演】Mr.ChickenHat Timers、THE NOSTRADAMNZ、umbrella
【チケット料金】 前売:¥3500 当日:¥4000 (ドリンク代別途)
【チケット先行受付】 A:先行チケット チケットデリ http://ticket.deli-a.jp/  
          10月4日(木)21:00〜10月17日(水)16:00
【チケット一般発売】10月28日(日) B:イープラス https://goo.gl/fjEmtE 
【入場順】A→B→当日券

■危険因子〜大阪アウトブレイク〜
1月31日(木) 北堀江Club Vijon 開場18:00 開演18:30
【出演】Mr.ChickenHat Timers、THE NOSTRADAMNZ、umbrella 
【チケット料金】 前売:¥3500 当日:¥4000 (ドリンク代別途)
【チケット先行発売】 A:チケットデリ http://ticket.deli-a.jp/  
           10月4日(木)21:00〜10月17日(水)16:00
【チケット一般発売】10月28日(日) B:イープラス https://goo.gl/GTRSZt  
【入場順】A→B→当日券

umbrellaオフィシャルサイト http://xxumbrellaxx.com/

記事提供元:


シェアしてアーティストの活動を応援しよう!

umbrellaの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

   

  新着ニュース