霧もやの中静かに 流れる誰かの歌 そっと
雫の様に煌めく 音色は奏でる 鼓動の譜を

牙を剥き噛み砕け 瞳が開く前に
震えるその声を 今そっと聞かせて

夕もやの中艶めく 狂喜と苦悩の歌 響く

牙を剥き噛み砕け 瞳が開く前に
震えるその声を焦がして

限りなく青く深く 透き通る空の元へ
いつか帰れるのなら
限りある世界に一人 傷付いて倒れようとも
まだ鼓動は巡り 傷を癒す

朝もやの様に色付く 音色は奏でる 想像の譜を

牙を剥き噛み砕け 瞳が開く前に
震えるその声を焦がして

限りなく高く遠く 気まぐれな雲の様に
いつか自由になるなら
限りある時間の中に 迷い込み壊れそうでも
まだ鼓動は眠る君を探す

限りなく青く深く 透き通る空の元へ
いつか帰れるのなら
限りある世界に一人 傷付いて倒れようとも
まだ鼓動は巡り 傷を癒す

牙を剥き噛み砕け 瞳が開く前に
震えるその声を焦がして
牙を剥き噛み砕け 理性が目覚める前に
途切れた感覚を焦がして

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   TWIN GATEへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧