2018-12-01

新世紀えぴっくすたぁネ申、異ジャンルたちとの対バン主催イベントを開催。

異なるジャンル/フィールドで活動する個性派アーティストたちと「バトル」することをテーマに、東名阪を舞台に新世紀えぴっくすたぁネ申が主催したイベント「異ジャンル対バンツアー」。そのファイナル公演が11月23日(金・祝)に吉祥寺SEATAで行われた。出演したのは、新世紀えぴっくすたぁネ申を筆頭に、WILL-O'/アンフィル/METROPOLIS de ONELIAの4グループ。

トップを飾ったMETROPOLIS de ONELIAは、エレクトロな要素と重厚でグルーヴィな演奏をミックス。触れた人たちを異世界へトリップするデジタルダンスロックを提示し、フロアー中の人たちの身体を心地好くアゲていった。
二番手を飾ったのは、歌物を軸に据えたヴィジュアル系バンドのアンフィル。どの楽曲も歌心を魅力にしているが、そこは百戦錬磨なライブバンド。2 Step踏んで踊りたくなる表情から拳を振り上げ滾る感情をぶつけるスタイルなど、終始、気持ちや身体に興奮を覚える熱いライブを描きだしていった。
 三番手は、同ツアーにすべて参加したアイドルユニットのWILL-O'。異ジャンルの戦いへ挑むに相応しい凛々しく躍動的な音楽性や、感情を強く押した歌声持って観客たちへ向かう姿勢は、まさにロック。この日、WILL-O'は新世紀えぴっくすたぁネ申のナンバー『キミホリック』をカバー。まさかの楽曲の登場に、新世紀えぴっくすたぁネ申ファンたちも熱狂。男女入り乱れMIXをぶつける光景も見応えがあれば、何時もなら新世紀えぴっくすたぁネ申のメンバーへ向けられる「超可愛い」のコールも、この日はWILL-O'に向けられていたことも伝えておこう。

トリを飾ったのは、主催である新世紀えぴっくすたぁネ申。何時もなら黄色い歓声ばかりの中へ、この日は野太い男の声も入り交じる。ライブは、イベントを盛り上げるに相応しい『お祭り戦隊ヒーロー』からスタート。舞台の上をめいっぱい使い、7人は手を鮮やかに翻し華麗に歌い踊りだす。フロアーには、色とりどりのサイリウムの光が揺れている。その光の波を、もっともっと揺らしまくれと煽るメンバーたち。気持ち騒がせるこの空気がたまらない!!
四つ打ちビートが炸裂すると同時に、楽曲は一気にテンションを上げだした。心地好いダンスビートへ飛び乗り、4人は軽やかに『STAR LIGHT』を歌いだす。一緒に心地好くテンションを上げながら、歌を介して気持ちを一つに結び合うスタイルなのも特徴的だ。何時しか7人の醸しだす多幸感いっぱいな雰囲気へ誘われ、ともに歌を口ずさむ人たちも。ライブ初披露となるベイビーレイズJAPANのカバー曲『夜明けBrand New Days』を通し、「何でもない世界だって君がいれば Shining Days」と歌いかけられた瞬間、心にパッと光が射し込んだ。メンバーらもギュッと拳を握りしめ、沸きだす熱い血潮を歌にぶつけてゆく。何時しか会場中の人たちが大きな声を張り上げ、視線の先に見えた光をつかもうと、彼らと一緒に熱狂の拳を伸ばしていた。黒く染まった心の闇へ光を射すのは、すべて自分次第。視線を真っ直ぐに歌う彼らの姿へ、そう教えられた。
 「1.2.3.4」の掛け声を合図に飛び出したのが、魂を熱くたぎらせる『Baby Smile』だ。可愛らしい素振りを含みながらも雄々しく煽るメンバーたちに触発され、フロアー中から熱い声が沸き上がる。怪しいホラーな音色へ誘われたとたん、気持ちは一気に古城で宴を繰り広げるゴーストたちの世界へトラベルだ。アヤァ・オブ・ザワールドをリードヴォーカルに、ハロウィンムード満載な『ゴーストパーティー』を歌い奏で、新世紀えぴっくすたぁネ申は観客たちを妖しいパーティへ誘い出す。目の前の恐怖を一歩踏み越えたら、そこには快楽に溺れる宴の場が待っていると言わんばかりに、『ゴーストパーティー』を介し、新世紀えぴっくすたぁネ申は観客たちを甘い誘惑の世界へ導いてゆく。さぁ、彼らと一緒に館の中で「踊りましょう」。恐怖の先に待っているのは甘い誘惑?!、そこに溺れるのも快楽?!、それとも抜け出させない甘美に溺れてしまう恐怖?!。答えはどれでも構わない。今はただ、彼らと一緒に踊り騒げばいい。それが、これから先へ続く物語を楽しむための誘惑なのだから。

後半戦は『CrazyCrazy』からスタート。重厚な音を持って駆けだす演奏の上で、観客たちを挑発するように歌う7人。「もっともっとテンションをアゲて騒ごうぜ」と誘いをかけるように、観客たちへ熱いエナジーを注ぎ込む。高ぶる感情、気持ちが嬉しく震えだす。何時しかフロアー中の人たちが、彼らと一緒に狂ったように騒ぎ続けていた。
胸を弾ませる、華やかでポップな“虹のコンキスタドール”のカバーナンバー『トライアングル・ドリーマー』の登場だ。「三角形の恋はきまぐれ」と、みずからの気持ちを乙女心に染めながら、可愛らしい仕種も交え歌うメンバーたち。青春模様満載な歌に、胸のドキドキが止まらない。『怪盗☆スター』でソロを取ったのが、たいが。激しくもカラフルな楽曲が炸裂すると同時に、フロアー中から凄まじい声が飛び交う。メンバーたちも、ファンたちのハートを次々と奪いだす。後半には、メンバーがサイリウムを手にお馴染みのヲタ芸を披露。終始熱中夢中な気持ちに染めながら、新世紀えぴっくすたぁネ申はファンたちのハートをしっかり盗み取っていった。
最後に新世紀えぴっくすたぁネ申は、この会場を真夏の熱気へ染めあげるようにアゲアゲな明るいハッピーパーティチューンの『Summer Player』をプレゼント。「このまま一緒に朝まで楽しもう」と誘いをかけるメンバーたち。フロアー中から飛び交う声へ、黄色い声援のみならず野太い声が混じっていたのも、この日だからこその光景?!。いいよね、目の前に生まれた楽しさへ飛び込み、頭をからっぽに騒げるって。腕をくるくるまわし歌う彼らに誘われ、会場中の人たちが、夏真っ盛りなパーティの中、無邪気な姿ではしゃぎ続けていた。

 異ジャンルとコラボレートをしたことで、普段とは異なる刺激を得られたこの日のイベント。新世紀えぴっくすたぁネ申ファンはもちろん、共演バンドのファンたちも、普段感じ得ない楽しさを共有。それぞれのグループ/バンドたちが出会い混じり合うことで生まれた「興味」という化学反応が、次に「握手」という段階へ進むことを願いたい。

 新世紀えぴっくすたぁネ申は、2019年1月23日にマイナビBLITZ赤坂を舞台にワンマン公演を行う。この日のライブで動員が1000人に届かなかったら「解散」と宣言。もちろん彼らは、目標をクリアー出来ると信じているからこそ、今回の公約を掲げている。同時に、より多くの人たちに新世紀えぴっくすたぁネ申に触れて欲しい想いから、チケットもリーズナブルに設定。ぜひ、新しいワクワクと出会ってみるのはどうだろう。
 彼らは、日々多くのライブへ出演。近場の日程をチェックし、身近な憧れのヒーローたちへ熱い声をぶつけながら、一緒にときめきを分かち合っていただきたい。


TEXT:長澤智典

★映像★
「Re:Re:Re:START」
https://www.youtube.com/watch?time_continue=6&v=Hu9nzYZbdq0


新世紀えぴっくすたぁネ申 Web
http://epic-god.com/
新世紀えぴっくすたぁネ申 twitter
https://twitter.com/Epic_hstk_h

★LIVE情報★
2019年1月23日(水)マイナビBLITZ赤坂「シン・ネ申ワンマン」
チケット
https://t.livepocket.jp/e/0123blitz

2018年12月22日(土)クリスマススペシャルえぴバン
2018年12月30日(日)【1部】えぴバン大忘年会スペシャル/ 【2部】無料ワンマン 新宿ReNY

記事提供元:


シェアしてアーティストの活動を応援しよう!

新世紀えぴっくすたぁネ申の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

   

  新着ニュース