退屈な午後 あくびの涙グラスにためて
乾杯しましょう 甘いご馳走
デ・ジャヴのような そんなこともないような

金色の街へ行ったきりお便りもなく
お元気ですか どうですか
お変わりないですか

金色の街はどんなところなのでしょうか
グラスもじき からになる
もうすぐ日暮れです

金色の街へ行ったあなたは戻らない
知っていました でもまだ
わたしここにいます

いつかくるその時まで
きっと待っていてね
待っていてね きっと

気がつけば夜 乾いたグラス取り落としたら
砕け散って 風になった
デ・ジャヴのような 実は夢をみていたような


パスピエの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴