お母さん ヨウイチ君 ニジ子ちゃん
その後変わりありませんか?
元気に暮らしていますか?
お父さんは今お前たちの所から
もう何千キロも離れた遠い南の島にいます。

知っての通りお父さんの仕事は写真家だから この戦争が飛び火する度にそのあとを追わなくてはいけないのです。
お父さんが戦争を撮りに行くと言ったときに、お前たちはずいぶん泣きましたね。
けれど誰かがこの争いの悲惨さを伝えねばならないのです。

皮肉なことに、この島の景色の美しいことといったらありません。
その大自然に包まれて、お父さんは人間も自然の一部であるのなら、きっと美しいもののはずなのにどうして醜い争いなどしてしまうのか、などと思ったのです。

こないだ、ある噂を聞きました。
あまり言いたくはないけれども、これだけは伝えておかねばなりません。
いよいよお前たちの住んでいる国がこの大きな戦いに参加することになったそうです。
そのうち、お父さんの手紙もなかなか届かなくなるでしょう。

どうぞ、気を確かにもって正しく暮らしてください。

ヨウイチ、ニジ子、お母さんの言うことをちゃんと聞いて兄妹仲良くするのですよ。
一日の終わりには今日したことの反省をしなさい。
そうして立派な大人になって、戦争の起こらない世の中をあなた達の手で切り開いて下さい。

世界中に幸せが 消えてゆく!
世界中に幸せが なくなってゆく!
世界中に 花束を!
世界中に 花束を!

この手紙は面会に来てくれたいとこのセイちゃんにこっそりと渡したものです。
うまく届いてくれれば良いのですが。
入院してから二月程が経ち、足の傷もだいぶ癒えてまいりました。
窓の外では満開の桜が咲き誇り、故郷の桜を偲ばせます。

昨日、隣のベッドにいたTという若者が脱走を謀って捕まりました。
銃殺にこそなりませんでしたが、おそらくTは最も過酷な戦場に行かされることになるでしょう。

皆はTのことは馬鹿だと言いますが、あながち私にはそうとも思えません。
むしろ馬鹿げているのは個人の自由を完膚なきまでに奪い去っているこの戦争という状態で、Tはただ単に己の自由意志に則ったに過ぎません。
こんなことを言うようではタカシは兵隊として失格ですね。

まったく、なぜ私のような死の覚もとてないノンシャランな人間が銃を持つのかとていうに。
それは銃後にいるお母さん、妹のヨシ子の為という他ありません。
タカシは愛すべき家族のいることに感謝しております。
いずれ近いうちに前線に出ることになると思います。

妹のヨシ子はどうしていますか?
あれは世慣れぬところがあるのでとても心配です。
いつの日か還ることが出来たなら、お母さんの作った煮物をたらふく食べたい。
そうして好きな絵を思う存分描きたいです。
なによりもお母さんの元気であらんことを。

幾千もの想いをのせて、手紙は今日も世界中でしたためられる。
トロントで サンフランシスコで リヴァプールで。
配達された手紙 配達されなかった手紙。
封に入れられることすらなかった手紙。
そのどれもに人の切なる願いが込められている。

悪意の込もった態度が人を不快にさせずにはおかないように、慈愛に満ちた言葉もまたその人を揺り動かさずにはおかないだろう。
一度転がりだしてまった戦争は巨大な破壊をもってしか止めることは出来ない。

歴史が証明するようにそれは一つのきっかけが世界中を席巻していった悪夢のバタフライ効果だ。
しかし、また、一個の分子運動が全体に波及するというこの構造を信ずるならば、我々の書かなくてはならないのは平和への願い。
ただそれだけである。

   真夏の夜の夢へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴