THE NEUTRAL/THE NEUTRAL

夕暮れの空

THE NEUTRAL


word: 三木茂 music: 三木茂

『THE NEUTRAL』収録

           

桜の花びらが舞い落ちる頃に
いつもの並木道で偶然君を見かけた
出会い頭 一瞬さ 心奪われた
今思えばあれがすべての始まりだったんだな
「恋することとは愚かなことだ」なんて よく言ったものさ
この僕だって例外じゃないさ
間違ったフリをしてメールをしたり
無理矢理用事を作っては電話をしたり
好きだと言ってしまえば すべてが終わりそうで
近づけば近づくほど遠くなる 会いたくて 会えなくて
何度も呟いた 君の名前
夕暮れの空がとても切なくて まるで僕の心のようで
伝えきれない僕の想いよ 風に乗って夕陽に染まれ

それは秋晴れの木曜日だった
僕は全身全霊かけて想いを打ち明けたんだ
『好きなんだ 君のこと ずっと前から』
君は笑いながら黙って僕の手を握った
世界中の人たちに この恋を伝えたくって
スキップまじりの帰り道 嬉しくて 嬉しくて
どうか神様よ 見守ってください
夕暮れの空がとても優しくて まるで僕らの心のようで
伝えた僕の愛の言葉よ 風に乗って夕陽に染まれ

あれからいくつもの季節が過ぎて
いくつもの笑顔と涙が二人をすり抜けた
疑ったり 抱きあったり 八つ当たりしたり
生活の中で消えた約束もいくつかあった
いつか君がつないでくれたこの手を
僕はこの先もずっと離さずに歩いていくよ
君の人生 残り全部 僕にくれないか?
僕の生まれてきた意味をすべて君にあげるから

今日までの日々の中で 一人部屋で泣いた夜もあるだろう?
もう我慢しなくてもいいよ 大丈夫 大丈夫
これからは僕がそばにいるよ

夕暮れの空に誓いを立てた 君を必ず幸せにすると
沈みゆく夕陽が切なくないように 僕が君を守っていこう
君の悲しみも僕の喜びも すべて二人分け合っていこう
夕暮れの空に願いを込めた 僕らの未来が輝きますように


THE NEUTRALの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴