少年老いやすく学は愛なり難しという
諸行無常なる鐘が鳴り響く

少年老いやすく学は愛なり難しという
諸行無常なる鐘が鳴り響く

断崖絶壁に1人佇んでる老婆
遠く 遥か遠く悲しい目をして

孤独は優しく ただただ無意味で
冷たい風とそっと頬寄せ合う

君の目に悲しい雨が降り どこにもぬぐえない夜が落ちて
消えた 街灯が涙で揺れた
最後の鐘の音が鳴り響いて 朝焼けが無常に時を刻む
雨はもうやんでいた

過ちはまるで 錆びついた傷で
片手に残った面影を呼ぶ

君の目に悲しい雨が降り 誰にも拭えない夜が落ちて
ずっとこのままでいたいと願った
返らぬ声求めて繰り返す あの頃と同じ場所で今でも
きっときっと今でも
君はずっと笑ってる

少年老いやすく学は愛なり難しという
諸行無常なる鐘は鳴り響く


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   シャングリラへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧