「君が僕のもんなら」
起き抜けの苦い唾
あぁ またすぐに懺悔
製紙工場(ペイパーミル)に朝が来る
白い霧の朝が来る
あぁ そっと歩き出した
川辺に楽隊のチューニングの音
銀のラッパに朱が射してゆく

音楽、その音楽 俺を繋いで
Sci-Fi、あのSci-Fi 明日を照らして
音楽、その音楽 俺を開いて
Hi-Fi、あのHi-Fi 今を照らして
音楽

切れそうなほど冷たい
水で命を濯ぐ
あぁ 時間だよフロイド
スクールゾーンに朝が降る
塵のように朝が降る
あぁ 君に聴かせたいよ
俺の選曲を 素晴らしいから
心の無い音ひとつも無いから

音楽、その音楽 俺を繋いで
Sci-Fi、あのSci-Fi 明日を照らして
「同じ毎日」なんて言葉は無いよ
俺の選曲には無いよ 君に聴かせたい

音楽、その音楽 俺を繋いで
Sci-Fi、あのSci-Fi 明日を照らして
音楽、その音楽 俺を開いて
Hi-Fi、あのHi-Fi 今を照らして
「変わらぬ日常」なんてどこにも無いよ
俺の音楽、俺の音楽 今を照らすぞ

音楽


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   音楽へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント