沢田研二/第六感

グランドクロス

沢田研二


word: 覚和歌子 music: 白井良明

『第六感』収録

           

稲妻が幾度も光って すぐに夕立
毎日この空の下 思いがけない
出来事 起きてる

一生分ヒマもらって 君とふたりで
行くあて何も決めずに 船に乗ろうか
馴染んだ シャツを着て

奪わずに 狙わずに アブクみたいに
もう 夢はもう 何も見ない

いらないもの 捨ててみたら
君のほかに何も残らない
こんな 手ぶらな未来に つきあえる
君 素敵すぎるよ もう
遠のいていく 夏
グランドクロスに抱かれながら

戦いやめられなかった 兵士の耳に
キリギリスの僕の歌は 届くだろうか
ノイズを かきわけて

くたびれた パノラマは 両腕のなか
もう 街はもう 夢そのもの

何でもできる気がしたけど
続かない真夏が いとしいよ
こんな あてない言葉に つきあえる
君 まぶしすぎるよ もう
光速で消えてく
20世紀なら 祭りのあと

いらないもの 捨ててみたら
君のほかに何も残らない
こんな 手ぶらな未来に つきあえる
君 素敵すぎるよ もう
遠のいていく 夏
グランドクロスに抱かれながら


沢田研二の関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴