vistlip/Jack

Jack

vistlip


word: music: vistlip

『Jack』収録

           

クラクラさせる太陽や惨劇を眩ませて
離れたくても離れられない残像となれ

痛み分けで炎上
討ち死に覚悟
「どうして…どうしてあなたは泣いているんだい?」

斬り捨ててあげる
血の雨を降らせずに、鋭い刃音で心を跳ねる
次回は必ず息の根止めてみせる
嗚呼、届いて…

天上から鳴く鬼や蝉時雨に塞ぐなら
離れたくても離れられない残響となり生きたい

きっと流した涙の数どころか、まだ少しも救いは…ない

痛み分けで炎上
玉砕覚悟
「どうして…どうしてあなたは比処に来ない。」

斬り捨ててあげる
血の雨が上がる時、鋭い刃音を心が強請る
次回は必ず息の根を止めてみせる
嗚呼、届いて…

斬り捨ててあげる
血の雨が創り出す水たまりの上、“ありがとうのキス”
きっと最終回までに救い出してみせる
嗚呼、届いて欲しい

-あなたに会いたい-

vistlipの関連アイテム

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

  歌詞閲覧履歴