笑えない日々繰り返す 何も無い日々繰り返す君が
さびれた手のひらで 雨雲を振りほどいた

激しく生きた人の声ほど 響き渡るのは何故だろう

求め続ける人の上には 陽の光はいつも訪れる
届かずにいつも泣いていた 小さい君はもう見えない

離さないように 途切れないように
陽の当たる場所へ僕ら 走って行け 繋いで行け

寂しくていつも閉ざしてた 小さい窓の先には今
果てしない空が手を伸ばして 君が飛び込むのを待ってる

求め続ける人の上には 陽の光はいつも訪れるから
明日を望む人の上には 陽の光はいつも訪れるから

離さないように 途切れないように
陽の当たる場所へ僕ら 走って行け 繋いで行け


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   12WIRESへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   




  新着コメント