静かな帰り道に 靴音が響く こんな寒い夜は
二人で星見つけた 遠いあの日の夜空 思い出す

ビルの隙間に落とした ため息と弱音
情熱の灯が ふっと消えそうになっても

何もない夜空に星を並べて
「綺麗だね」って僕に教えてくれた
たった一人の君のその笑顔が
ずっと探し続けていた 光

世界のニュースは今日も 現実感のない波を立ててゆく
僕は 流されるまま 終電間際の人混みの中へ

知らぬ間に身についた 愛想笑う癖
自分を騙すことに 慣れたくないよ

他愛もない言葉で夢を紡いで
抜け殻だった僕に命をくれた
たった一度の君と生きる今を
かけがえのない この時を守りたい

何もない夜空に星を並べて
「綺麗だね」って僕に教えてくれた
たった一人の君のその笑顔が
消えてしまわないように

何もない夜空の星を繋いで
痛み抱えながらも未来(あす)を信じた
きっと誰もが愛すべき誰かの
闇を照らし続けている 光


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   ハレルヤへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント