夕暮れとバスを待つ帰り道
隣を一つ空けて座る
踏み込まないでこの痛みは僕のモノ

君とよく似てるその横顔とか
記憶重ねてしまうよ
悪気はないの?その仕草も
もう一度誰かを愛すことなど
できるはずもないから
一人にしておいてその言葉もいらない

泣きたくても涙は枯れたし
これ以上は痛みなどないし
感情なんてどこにもないし
もう何もない

君とよく似てるその優しさとか
思い重ねたくない
この身も心も此処にない
もう一度誰かを愛すことなど
できるはずもないから
一人にしておいてその言葉もいらない

あの空から君は見ている
晴れれば晴れるほどに
きっとまた会えると
嘘でもいい
気休めな言葉をくれよ

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   ヒューマンエラーへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧