“誰の所為で”“何が正義”等 露知らず朽ちております
生きるとは甚いだけ 視界 腐る 眩む 怨む

誰でも良いから気付いて欲しくて
手当たり次第に当り散らして
嘘でもいいから触れて欲しくて
とにかく温もりが欲しかった―

降り出した雨の音が煩くて
また耳を塞いだ 夜雨は嫌
抉るように傷口 開くから

ただ

消えたいなんて思いたくはない
死にたいなんて思わない
この絶望が永遠に続くなら
私と同じだけの痛みを
味わう日が来るまで…

誰かに助け乞う事も出来ずに
悪夢のような日々に怯えながら
訳も分からず 涙止まらなくて
とにかく優しさが欲しかった―

覚えていますか あなたが今
感じてる 震えるような 深い痛み
哀しさを いつもくれてた事

ただ

消えたいなんて思いたくはない
死にたいなんて思わない
この絶望が永遠に続くなら
私を墜としたあなたが
私と同じだけの痛みを
味わう日が来るまで…


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   慈愚挫愚 弐 〜真天地〜へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧