指先つまんだ煙草の煙
ゆっくり流れる真冬青空
寄り添うことさえもうままならなかった
思いきって声に出して言えばよかった
見るも無残こんな姿見せたくなかった
思い出はいつの日も BLUES

アルミの灰皿探して歩く
遮断機蹴っとばして真冬青空
恐る恐る近づいてもなんも見えない
うすっぺらい笑顔でいいわらっておくれよ
汚れきった景色の中空を見上げた
思い出はいつの日も BLUES

こみあげてる涙のワケ分かりたくなかった
うすっぺらい笑顔でいいわらっておくれよ
汚れきった景色の中空を見上げた
思い出はいつの日も BLUES


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   Rock'n'Roll to the MAXへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧