言ノ葉は 月のしずくの恋文
哀しみは 泡沫の夢幻

匂艶は 愛をささやく吐息
戦災う声は 蝉時雨の風

時間の果てで 冷めゆく愛の温度
過ぎし儚き 思い出を照らしてゆく

「逢いたい…」と 思う気持ちは
そっと 今、願いになる
哀しみを月のしずくが 今日もまた濡らしてゆく

下弦の月が 浮かぶ
鏡のような水面

世に咲き誇った 万葉の花は移りにけりな
哀しみで人の心を 染めゆく

「恋しい…」と 詠む言ノ葉は
そっと 今、天つ彼方
哀しみを月のしずくが 今日もまた濡らしてゆく

「逢いたい…」と 思う気持ちは
そっと 今、願いになる
哀しみを月のしずくが 今日もまた濡らしてゆく

下弦の月が 謡う
永遠に続く愛を…


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   葬艶-FUNERAL-へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧