僕だけに映る未来が目覚めても眠っても頭にこびり付く
一つだけ許されるなら夢の中息をして微睡んで暮らしていたい
起こさないで

僕だけに映る未来が何色かわからなくなっていたそれだけのこと

中身がないような言葉で 相対を避けては囚われて
言葉を纏った鎧は いつ なくなってくれるかな

夢の狭間でずっと悔やんで悩んで歩を進めてるなんて
馬鹿らしくて笑えるななんて
君の声色一つで全ては変えられるなんて
少しだけ言わせてくれよ

僕だけに映る未来が平然と全てをなかったことにしててる

傷つくことを恐れてまた事実を忘却してしまう
言葉を纏った鎧の意味は一体何のため

夢の狭間でもう待ち疲れてしまって
何もかもを全部投げ出してしまいそうだって言えば
少しは耳を傾けてくれるかななんて
もうこれ以上は歩けない

僕だけに映る未来がどうかまだ覚めませんように
今だって覚えてるほんの少しだけ歩いた夜道で夢を見てる
まだずっと考えてしまっている
口にした言葉ひとつ
ただ幸福でいたいだけ だから夢の中手を伸ばしまた1つ苦しくなる
夢の中から出られない もう 堕ちてしまうな

僕だけに映る未来が いつまでもそのままでいても許されるように


   超越へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴