壁の塵をまた数えてる
目を伏せてわかるほど
静けさ いくつもの針の跡と

窓から上がる風は無邪気
僕にこう問いかける
「取り戻しても朝を迎えられるの?」

支える手足
ちぎれたままのくせに
受け入れるなんて
軽々しく言わないで

水浸しでにじんでる
脳のメモは読めない
誰一人俯くばかりで

また口ずさんでいる
ひまわりがとても似合うのに
気づくのは瞼からこぼれる なぜ

支える手足
ちぎれたままのくせに
受け入れるなんて
軽々しく言わないで
ちぎれた手足
悔やんだままのくせに
受け入れるなんて
軽々しく言わないで

窓の外眺めてる
この手で終わらせたの
でもいやだ
君の笑顔を見せて

水浸しでにじんでいる
脳のメモを読んでみても
にじんでにじんでにじんで

また口ずさんでいる
ひまわりがとても似合うのに
大好きだった君が
いつも歌っていた


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   破戒と想像へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   




  新着コメント