狂い咲く季節が止めど無く溢れる
また いつかと同じ 繰り返す戯れ

蔦の葉密かに根を広げた頃に
目に映る景色は音も無く過ぎ去る

何処か 彼方を目指し 過ぎた記憶 足蹴に
悲しい訳じゃなく でも 嬉しくもない

束の間に意味など

知り得る術も無く

ただ 鮮やかさだけ 昨日に駆け抜けた

まるで 回るmerry-go-round
痛み忘れ巡り行く
まだ たどり着く場所
見当たらず進む

ただ 例えれば

実る果実の 芳しく眩い香りも

ひとつ 季節彩り
そっと 枯れ落ちたとて

蔦は絡まり 身は朽ち果てて
思い出の欠片 土に帰り
また 花となるでしょう
Like a merry-go-round & round
また 春に会いましょう

あの日見えなかった 愛でるべき花たち

今 日だまりの中 首かしげ
それでもやさしく 微笑んでいる

まわる まわる

こま切れの記憶の奥で 瞬く

涙も雨も 砂に呑み込まれて

急ぎ 廻れ 砕けても

果敢無く散るが故にも

今を待たずに
まわれ Hurry merry-go-round
生き溺れても
また 春に会いましょう
春に会いましょう
春に会いましょう

   HURRY GO ROUNDへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴