酷くうなされ目覚める
気持に余裕がない
掴みかけた夢さえも消えてしまいそう

夜空に咲いた花描いてみせるから
君にも見えるかな鮮明と
こんなにも綺麗な景色があるのならきっと負けない

幾つものドアに籠もったまま僕は何かを探している
心の奥を開く事で光をもたらす

掴みたくて掴めなくて夢に置いた満天の星屑を
気付かなくて気付けなくてずっと

夜空に広がった幾千の星に比べたらちっぽけに見えた
こんなにも弱い僕だからこそ君を包むよ

見えないドアの奥で僕は誰かの声によせられて
いつかはたどり着けるのかな?煌めく空へ

幾つものドアに籠もったまま僕は何かを探している
心の奥を開く事で光をもたらす

手の平の中で踊る僕は虹色のわずかな欠片
消えちゃいそうな色とりどりの空に手を伸ばす

掴みたくて掴めなくて夢に置いた満天の星屑を
届きそうで届かなくて今も

   ガリズム-garizm-へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴