落ちてゆけ

街を歩いていると一人の女の子が、
僕の視界に入り僕を見つめていました。

気付いてみると僕は声をかけていました。
「二人で何処かへ行こう」
とても喜びました。

君はとても可愛く何時までも遊んだけど、
そのうち涙が頬を伝いました。

可愛さ余った君に憎さが溢れ出しました。
僕は君の首に手を回し力を込めました。

ぐったりとした君を何度も何度もこの手で殴りました。

君のお花畑で僕は種を蒔いたけど、
紅く濡れた蕾は咲く事はありません。

僕は自分の腕を切り刻み血を流した。
血で君の血を洗い、涙を流しました。
それから僕は、君を冷蔵庫に入れて、そのまま地中へと深く沈めました。
悪いのは君だと何度も心に言い聞かせ、
僕には愛など必要有りません。

償い切れぬ罪から逃れられない事実が、
僕を死へと招き入れ白いロープで死にました。
紅く染められた悲劇は、
一つも変わる事は無く惨劇の夜は今も何処かで幕を開けました。

落ちてゆけ

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   「楓」~if trans…~へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧