煉瓦色の道端に野あざみが咲き乱れ
誘惑の甘い香りで世界が歪んでいる

あまりにも暑い
太陽が君のうなじを照らして
流れだす汗の雫を拭いてみせてよ

静寂の青い空に入道雲が立ち起こり
いつしか二人きりの林間は閑散としています

突然に速く
駆け出した君の仕草に合わせて
激しくなる胸の疼きを聞いておくれよ

陽炎揺れている夏の散歩道
君を追いかけて恋のせめぎ合い

やみくもに触れかけた手のひらがヒラリする
おどけたふりで僕の妄想を笑い飛ばしているね

あまりにも暑い
太陽が君の瞳を閉ざして
溶けてゆく僕の心を拭いておくれよ

陽炎揺れている夏の散歩道
君を追いかけて恋のせめぎ合い

熱い火花散る夏の散歩道
僕はまた君に負けてしまいそう


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   The World’s Edgeへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント