ブレ始めた視界
ガラスの空、風の色
独り流れているメリーゴーランド
手を振る
後ろめたさより どことなく薄れた声
明日自分を置き去りに眠る
喜劇の涙より誰よりも儚く
奪われるまま汚れるまま
ココに…

一夜明けた暗い朝に窓を額に見立て
眠る肌起こし濡れた絵に手を伸す
春が川に散らす命ユラユラ何所へ行く?
重たく閉ざした扉に手をかける

パレードの亡骸 静けさが今日も俺を
眠らせない真実と笑う

喜劇の涙より誰よりも儚く
奪われるまま汚れるまま
ココに愛を…
おどけて踊る四季がどこまでも痛く
奪われるまま汚れるまま
差し出す夢に溶けて

I bleed as my way of compensating everything to you
How heavy is blood?
Happiness and sadness lies too close

生まれてくる明日の手は純粋そのままで
涙で君がもう見えない

喜劇の涙より誰よりも儚く
奪われるまま汚れるまま
ココに愛を…
君を見下ろせる一つの観覧車
ただ崩れ行く旋律さえ
甘く綺麗で怖い
浅い言葉より太陽にさらされた
影が焼け付く心に触れ

   GLASS SKINへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴