風に舞う花片触れる
無力に泣く幼き日のように

あてのない未来だけ見つめて

細い肩抱き寄せて 崩れてしまいそうな
静寂に願いをよせた夜更け
胸の奥舞い降りる 遠い日の残像が
迷えるたびに 耳元でそっと囁いた気がして

風に舞う花片触れる
行き先を見失わないように

綺麗な終わりに恋い焦がれ

細い肩抱き寄せて 砕けてしまいそうな
夢をただ言葉に綴る夜更け
胸の奥舞い降りる 透き通る残像が
離れずにまた 耳元でそっと囁いた気がして

白い羽 空を切り裂いて
精神まで 壊していくように

あの時何もかもを 捨て去っていたのなら
治まらない震えを止められたの
胸の奥舞い降りる まだ消えない残像が
包み込むように 懐かしくそっと微笑んだ気がして

風に舞う花片触れる


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   El Doradoへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧