誰にも時代(とき)の中で 心安らいでゆくような
ぬくもり感じられる 例えばそんな恋人(ひと)いるよね
何故か 心まで 凍いてしまいそうな
こんな寒い日は 忘れてた君の事 思い出して

手のひらで 消えてゆく 雪のように いなくなった時
さみしさと 切なさが この胸に 降り積もってた
真っ白な思い出…

答えのないこの夢… がむしゃらに追い求めて
人影のない世界へ 走って君を見失った
「どうか…幸せに…」なんてよくあるセリフ
誰かに寄りそう 君に言おう 大人なら大人らしく

笑えない 結末は 青ざめた冬と ともに去り
さみしさも 切なさも この胸で 溶けて消えてた
色あせた White Memories

手のひらで 消えてゆく 雪のように いなくなった時
さみしさと 切なさが この胸に 降り積もってた
真っ白な思い出…

笑えない 結末は 青ざめた冬と ともに去り
さみしさも 切なさも この胸で 溶けて消えてた
色あせた White Memories


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   Jumpin’ Jack Boyへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴