重ねた年月が僕たちを離してゆく所です。
それ以外は何も変わらない駅のホームや並木通り

あの頃僕たちはさかさまに世界をみて笑ってたね
誰かの生き方に似ないように注意深く呼吸したんだ

それぞれ描いた夢が色づくたび減った手紙
離れた心普通の人になる

君を探すんだよいつもの帰り道
切れた街灯はあの日のまま

ハートの奥に降る雨 抱いて僕らは旅に出る
闇を照らしたいんだ

アスファルトに雨がしみ込んで乾くように忘れるんだ
昨日の悲しみを祈りに変える痛みだって歌になる

切ないだけで済ます日々 涙の意味も忘れちゃった
いくら走ろうとも追いつけなかった
似合わない靴を脱ぎ捨てなければ

君を探すんだと走った帰り道思い出した
今を生きるんだね君はいないけれど
そばに君がいる気がした

ハートの奥にある声 抱いて僕らは旅に出る
何度もハートの奥に降る雨 抱いて僕らは旅に出る
涙のち変わる風景




 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   STAND BY MEへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧