誰にも言えない時間の中で
甘い吐息と危険なサイン
赤く汚れた白いドレスは
痛みにも似た切なさ
秘密の口づけを覗きこむのは誰?

壊れてしまうほど震えてる
小さな心に溢れてくる
傷つくことなんて怖くない
そばにいられるなら

結ぶたびにほどけてく
赤い糸を繋いでいたくて
縫れるくらいに絡み合えば
ほら もう決して離れない
秘密の果実の中閉じ込めて鍵をしよう

あなたの唇に触れるたび
全ては一瞬に消えていく
月明かりの下の隠れ家で
何度も求め合おう

もしも叶うのなら永遠を刻んで

息がとまるくらいに強く奪っていて
ここだよここだよ目をそらさないで
そして二人溶けるようにひとつになれ

壊れてしまうほど震えてる
小さな心に溢れてくる
傷つくことなんて怖くない
そばにいられるなら

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   秘密へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧