漂わす期待はいつも
気まぐれと知りながら
その言葉にいつも騙され一時だけ安らいだ

気だるさを隠さない背中一度だけ振り向かないで

差し込んだ青い光を
浴びながら眠る
悪い夢ほど記憶に残り
意味もなく怯えた

手探りで探し求めては
もういないあなたを感じ

涙さえ許されないなら
もう少し傍にいて
惨めでも構わないの
少し抱いていて

気だるさを隠さない背中には 我が儘を許す隙もなく

ドアの音聞こえるまでは 微笑みを絶やさずにいた

涙さえ許されないなら
もう少し傍にいて
惨めでも構わないの
少し抱いていて

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   遊歩道へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント