死んだ魚盲色 賞味期限切れ また捨てられる
失くした光と 無機質なくだらない毎日の中で

ここに居る 僕はここに居る
痛く泣き叫んだ声は、夜空に消えた

光の届かない底で歪む黒 一人きりで息を吹き込んだしゃぼん
ふわふわと泳いで散々と消えてゆく
歌声は、息を吹き込み続けた 出来るだけ遠くへ あの高みまで
言霊は散々散りしゃぼんと共に砕けた

砕け散るしゃぼん あの高みまで
届くように 幾千の言葉を込めた

前向きに唄ったあの唄を失くした
また唄っても消えちまうのが恐い
どこまでも高過ぎるこの壁に爪を立て
唄い刻む痛む想いよ届け
剥がれた爪に歪む黒
しゃぼんに込めた言葉達が散々散り届くまで
唄い続ける

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   NEIGHBORHOOD NUMBERへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント