ハッピーエンド
僕ひとりじゃ迎えること出来ないから
僕の隣僕の好きな君がいてほしい
叶うのなら僕の好きな君はいつも笑っていて
二人がいるこの世界を見つめていて

僕は今まで目立つことなく平凡な毎日を送ってた
得意なことも追うべき夢も手にしたことなどなくて

辛かった。
ただ過ぎてゆく毎日を耳を塞いで過ごすのが

でもね僕はそんな僕は「この世界の主人公」だって
まだ密かに疑えずに信じてたりして
そんな風に思ってなきゃすぐにどこか消えちゃいそうで
だからどうか僕のことを探さないで

希望を敢えて言うなら、たった一つ
今まで読んだどのお話でも

物語のおしまいには、主人公のすぐ隣には
全部かけて守り抜いた大切な人が
笑っていて、手を繋いで、二人はとても幸せそうで
だから僕のこの小さな物語の終わりも

ハッピーエンド
僕ひとりじゃ迎えること出来ないから
僕の隣僕の好きな君がいてほしい
叶うのなら僕の好きな君はいつも笑っていて
僕が生きる、君が生きる
二人がいるこの世界を
見つめていて

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   ザ ベリー ベスト オブ 東京ミカエル。へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧