メガマソ/ゆきしたたりほし

新月の水たまりより

メガマソ


word: 涼平 music: 涼平

『ゆきしたたりほし』収録

  • 新月の水たまりより/メガマソ/ゆきしたたりほしが良い
  • 5
  • 新月の水たまりより/メガマソ/ゆきしたたりほしが悪い
  • 0
  • 例えば、君を圧倒する風景。
    今、まさに二人だけでたどり着くよ。
    玉座は近づく。

    一人怯えて何も見ないふりの夜。
    何かすがる物が欲しかったよね。
    何度も苦しいと思って薬を飲んで、それでも不安は続いたよね。

    一人驕って何も見ないふりの夜。
    僕は最高の芸術家たりえたよね。

    そうして逃げ続けて、でも残るのは自我との格闘で。

    唸り続ける僕、新月の夜のこと。
    君が隣に居なければどうなっていただろう。
    かばい続ける君、水たまりを覗く僕。
    その庇護の証明は今僕が此処に居ること。

    この夜更けの沈む水底に根を二人は這わせました。

    一人震えて何も見ないふりの夜。
    何か頼る物が欲しかったよね。
    何度も苦しいと思って眠り貪って、それでも不安は続いたよね。

    そうして逃げ続けて、でも残るのは虚無の克服で。

    唸り続ける僕、新月の夜のこと。
    君が隣に居なければどうなっていただろう。
    かばい続ける君、水たまりを覗く僕。
    その庇護の証明は今僕が此処に居ること。

    およそこの世の凡百を乗り越えたいとの願い。
    その風景は作り出すものである。

     ROCK LYRICをフォローする!

    フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

    歌詞リンクURL  ⇒

    ※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

       ゆきしたたりほしへのコメント

    まだコメントはありません
      歌詞閲覧履歴
       

      関連動画一覧



      新着コメント