つまらない意地を張って つい本心とは裏腹な態度
出会った頃の様なときめき 優しさ 素直さはもう
一冊目のアルバムの中でさびれてる

恋人同士とは言っても 僕ら所詮は赤の他人さ
なのに君は僕の全てを解ってくれていると思うから
ほら また今日も擦れ違う…

「さよなら もういい」と 傘も差さずに飛び出した
どうせいつもの事だと 引き止めもせず寝転んだ
そう きっと君はもうじき そのドアを叩くはず

正直言って心のどこかじゃ 独りになりたいと思ってた
よくある話さ失ってはじめて気が付いたんだ
近すぎて見えなかった君の大切さに

今日だってそうさ 家路に着くたび
君が戻って来てくれてやしないかなんて
けれど一階左隅の部屋は 想像以上に暗い
小さな期待は いつも打ち砕かれて

良かった頃ならば このドアの向こうには
悲しみや寂しさなどない 二人の世界が広がってたのに
もう 君はいない 106号室は孤独と向き合う戦場…

「さよなら もういい」と 傘も差さずに飛び出した
どうせいつもの事だと 引き止めもせず寝転んだ
良かった頃ならば このドアの向こうには
悲しみや寂しさなどない 二人の世界が広がってたのに
もう 君はいない 106号室は孤独と向き合う戦場…


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   Silent movieへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント