午前3時の熱く焼けたアスファルトから/
曲がり角まで逃げる頃は/ほら崩れ出す/
笑え笑え笑い飛ばせ/僕たちの目は見えすぎて/
ずっと宗教のようにからまるから/
いつでも僕の舌はいつも空回りして/
言わなくていい事ばかりが/ほら溢れ出す/
つけぼくろで微笑む君/クリスマスイブの出来事/
蹴っとばすためのブーツ履いて話そう/
雨の中大声で笑う/いつまでも不思議だと思う/
赤い血で染められた/ラストシーンみたいに/さあ/
背中から狙い撃つ/片目にライトだけ眩しい/
雨の中大声で笑う/いつまでも不思議だと思う/
耳をいつも澄まして/17歳の僕がいた/
花束をかきむしる/世界は僕のものなのに!/
猛スピードで逃げる/焼けたアスファルトから/
軽蔑と憧れをごらん/ほら崩れ出す/
回る回る回り続ける/僕たちの目は見えすぎて/
きっといつまでも死を告げることだろう/
雨の中大声で笑う/僕たちは不思議だと思う/
掌の傷いつか消える/僕たちは膝ついて祈る/
誰も聞かない声で叫ぶ/僕たちは偶然に気づく


   CAMERA TALKへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴