すれちがう人の笑顔が
黄昏にけむる頃
私の胸の高鳴りも
不確かさにすりかわる

はじめからそう
手の中に何もなくて
だから風をつかんで 歩いてきた

こぼれ落ちてく
指の隙間のもの言わぬ夢
姿の消した青い鳥はどこ?
9月のアンニュイ

いつのまに妙に私は
物わかりがよくなって
でもそれは私の中で
何だか自然なことで

たとえば古い手紙の問いかけに
答えを躊躇(ためら)わずに出せる自分がいる

風吹く街に
今は手のひら なぜ開けない?
握りしめたままの
小さな Unhappy
9月のアンニュイ

愛した人も遠い夢もみんな現実だけど
何だか私は 姿の見えない陽炎(かげろう)みたい
風吹く時代 私は何を残せるだろう?
なぜか切なく揺れるモラトリアム
September Ennui

September Ennui
Early Autumn Ennui....


 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   Sense Of Selfへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧