外の決まりが 首筋を焼く
整いがちな うきうきヲタク
個々の痛みは 尽きずに尖る
おとといあした 次々と咲く

通り過ぎた
雨の中つなぐ手も 夕闇に消えてく

外の庭には 不意打ちの夏
気持ちもがれて 眠れない夜

走り抜けた
夕立が留めた青 静かにとけてく
鐘の音がにじむ街角 暮れてく

迷い猫の綱渡り
欠けた月にブラ下がり
吹き抜ける風に揺られて
色の着いた街の窓
どこかで見たこの空を
思い出すそして忘れて

明日は待ってはくれない
誰もわかってはくれない
ひとりで雨の中裸足は辛い
誰も代わってはくれない
人に俺は生きれない
いまこそ一人立つ拳は高く
明らむ

夕立が留めた青 静かにとけてく
鐘の音がにじむ街角 暮れてくよ
夏はいま

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   街の14景へのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧